角質層について

角質層は、表皮細胞が死んだもの(角質細胞)で出来ていて、肌の一番表面にあります。健全な角質層は、水分を約30%も含んでいると言われています。
この角質層が、肌を外部の刺激から守り、内部の水分が蒸発しないように守る上で最も重要な役割を果たしているのです。これを「角質のバリア機能」ともいいます。
つまり、健全な角質層は適度な水分を保ち、皮脂で膜をつくることでお肌のうるおいを保っているのです。また、皮脂でおおわれ、適度の水分を保った角質層が、外からの刺激を防ぐバリアとして働いているのです。
ところで、角質細胞は約30日程で新しい角質細胞と入れ替わります。この入れ替えの際に、皮膚(肌)からはがれていくものが、垢(あか)なのです。このように、角質細胞の入れ替え(生まれ変わり)の一連の流れを「ターンオーバー」とも言います。
posted by 肌の悩み at 12:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識
この記事へのコメント
人生いろいろありますねー。本当に大変です(;x;)
Posted by ERI at 2006年05月24日 03:23
こんにちわぁ^−^
面白いブログ探してたらここにきました〜☆
えみはこのサイトで遊んでるからよかったらきてね♪
Posted by えみ at 2006年05月24日 10:59
ちょっと気になったんで来ちゃいましたwがんばってください!
Posted by ふゆにっき at 2006年06月06日 13:56
最近嫌な事件多いですね〜なんとかしてほしいものです
Posted by 山本 at 2006年06月09日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。