乾燥肌・敏感肌に役立つ化粧品開発秘話

化粧品の製造メーカーをしている井上龍弥さんが、製造メーカーとして本音を語りました。

 それまでの常識とは違った化粧品作りのために、提携している工場の研究所の研究員とよく意見が対立し、口論の連続でした。

 どうしても化粧品作りに妥協したくなかったので、研究員にもかなり迷惑をかけました。
普通だったら、「もう、やめる!」と言われても、おかしくない状況でしたが、根気よく私の「乾燥肌、敏感肌に役立つ化粧品」と言うコンセプトを理解してもらい、絶大な協力を得ることが出来ました。

こうして苦労の末、やっと完成した試作品第一号を無作為に選んだ人に使用していただき、本音で感想を答えていただきました。
もちろん、自分でも試しました。
自慢じゃありませんが 、私は極度の乾燥肌で究極の敏感肌なんです。
洗顔をして時間がたつと、白い粉が吹き出てきます。
散髪に行って、顔剃りをすると絶対に荒れます。
だから、1番最初に試して、安全性を確認してから、他の方に試していただきました。

それでも最初は、「使用感が気持ち悪い」「効果が無い」「使いにくい」など、クレームの山でした。

お寄せいただいたクレームをひとつづつ解消し、試作品も20回を超え、1年が過ぎたときにやっと形になりました。

化粧品の形状は、ゲル状にしました。ゲルとは、ぷるぷるしたゼリー状のことを言います。
このゲルという形状は、使用する際に肌への摩擦を最小限に抑える特徴があります。
だから、敏感肌の方にも安心してお使いいただけるようになりました。

また、肌に刺激を与える可能性のある石油系界面活性剤、アルコール、鉱物油、合成着色料、合成香料を配合せずに作ることができました。
もちろんキャリーオーバー成分も徹底的に調べました。

さらに、化粧品の安定性を高めるために、防腐剤を2種類配合しました。
2種類も使用した理由は、配合量を減らすためです。
防腐剤は化粧品を腐敗させないために必要不可欠なものですが、直接効果があるわけではないので配合量を減らしたかったのです。
防腐剤を2種類入れることにより、1種類だけしか配合しないより、相乗効果によって使用量を少なく出来るのです。
種類が多いと使用している量も多いと誤解される可能性もあるのですが、あえて配合量を少なくすることにこだわりました。

5大特典付き!誰でも簡単にできる乾燥肌改善法お試しセット
(↑クリックするとセット内容の説明があります)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。