基底層の役割

基底層は、新しい表皮細胞を作り出す工場の働きをしています。
新しい細胞は、基底層で血液から栄養分と酸素を受け取って作り出されます。
従って、過度なダイエットなどで栄養が不足したり、タバコやストレス、睡眠不足などで血行が悪くなったりした場合、新しい細胞をつくりだすのに支障が出てしまいます。
また、基底層は、「真皮を守る」役割も担っています。基底層から上の表皮は、ターンオーバーによって、表皮細胞、角質細胞が繰り返し作り出されるため、傷がついても元に戻ります。しかし、傷が真皮にまで及んだ場合は完全には元に戻らないため、真皮を強力にガードする必要があるのです。
ところで、基底層にはメラニン色素をつくる「メラノサイト」があります。これは、メラノサイトが紫外線に反応するとメラニン色素を作り出し、紫外線が真皮に届かないようにブロックするという働きがあります。
このように、お肌にとって大切な働きをする基底層ですが、年齢とともにその働きは弱くなり、メラニン色素が基底層から真皮に落下するということも起こってきます。これがしみとなって残ってしまうのです。そして若い頃に比べて同じ紫外線に当たっていても、しみが出来やすくなる一因となるのです。
posted by 肌の悩み at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識

基底層とは

基底層は、表皮の一番下、真皮との境目にあって、新しい表皮細胞を生成する工場の役割を果たしています。
表皮は、基底層で作られた新しい表皮細胞が、上へ上へと押し上げられていき、そして細胞が死んで「角質細胞」となり角質層を形成し、最後は垢となって剥がれ落ちていくというサイクルを繰り返しています。これをターンオーバーと言っています。
また、基底層には、紫外線に反応してメラニン色素を作り出すメラノサイトもあります。

posted by 肌の悩み at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識

表皮細胞について

表皮の一番上にあるのが角質層で、その下にあるのが表皮細胞です。
角質層が死んだ細胞と言われるのに対し、表皮細胞は「生きた細胞」とも言われています。
表皮細胞は外界から刺激を受けた時の情報を神経に伝える活動をしています。また、時にはアレルギー反応を起こしたりします。
posted by 肌の悩み at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識

皮膚の構造

皮膚(肌)は、大きく分けて表面から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」に分かれています。
それぞれの厚さは部位によって異なり均一ではありません。平均すると2mm程度。その中で表皮は、わずかに0.2mmぐらいしかないのです。しかも表皮には「角質層」という細胞の膜があり、その外側を皮脂がおおっています。ところで角質層の厚さは、なんと0.02mmしかありません。
スキンケアをする上で特に知っておきたいのは、「表皮」と「真皮」の構造です。


posted by 肌の悩み at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識

表皮について

皮膚(肌)の一番外側、つまり外気に触れる表面の部分が、「表皮」です。
表皮には、角質細胞と表皮細胞に別れています。
よく耳にする「角質」は、表皮の一番上にあって、正確には角質層といいます。また、角質細胞(死んだ細胞)の層を角質層と呼び、表皮細胞(生きた細胞)と区別しています。
posted by 肌の悩み at 12:39 | Comment(6) | TrackBack(1) | お肌の基礎知識

角質層について

角質層は、表皮細胞が死んだもの(角質細胞)で出来ていて、肌の一番表面にあります。健全な角質層は、水分を約30%も含んでいると言われています。
この角質層が、肌を外部の刺激から守り、内部の水分が蒸発しないように守る上で最も重要な役割を果たしているのです。これを「角質のバリア機能」ともいいます。
つまり、健全な角質層は適度な水分を保ち、皮脂で膜をつくることでお肌のうるおいを保っているのです。また、皮脂でおおわれ、適度の水分を保った角質層が、外からの刺激を防ぐバリアとして働いているのです。
ところで、角質細胞は約30日程で新しい角質細胞と入れ替わります。この入れ替えの際に、皮膚(肌)からはがれていくものが、垢(あか)なのです。このように、角質細胞の入れ替え(生まれ変わり)の一連の流れを「ターンオーバー」とも言います。
posted by 肌の悩み at 12:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識

乾燥肌

皮膚の一番外側には角質層という層があります。つまり、肌の表面には、角質層という細胞の層があって、その角質層を皮脂が覆っています。これら角質層と皮脂の働きによってうるおいのある肌を保っているのです。

ところが、何らかの原因(外気の状態や加齢など)で角質層が荒れてしまうと、水分を保つことができず、肌内部の水分は蒸発しやすくなっているのです。その結果、外界からの刺激物質(ダニやほこり、細菌など)が肌の内部に進入してしまうため、かゆみを感じたり、炎症などを起こしたり、肌が敏感になるのです。

これを敏感肌といいます。乾燥肌もその一部なのです。

ところで、「かゆいからかく」という行為を繰り返していると角質層がボロボロになり、水分がどんどん蒸発することで、ますます刺激物が進入しやすくなります。肌のうるおいがどんどん奪われてしまうのです。こうなると乾燥とかゆみがひどくなって、夜も眠れなくなるほどになります。
皆様も、かけばかくほど、さらにかゆくなるという経験をしたことがあるのではないですか?

アトピー性皮膚炎もこのような状態の肌になっているといわれています。


おすすめケア用品を見る!(←クリック!)
posted by 肌の悩み at 23:04 | お肌の基礎知識

うるおいのある肌

うるおいのある肌とは、角質層の細胞がしっかりと水分を保ち、皮脂膜が角質層を覆って水分を一定に保っている状態のことを言います。

つまり、「油の膜」を張って体内の水分の蒸発を防いでいる皮脂膜と角質層で水分を保つことでうるおいのある肌を維持しているのです。

もう少し詳しく説明しますと、肌のうるおいは、たんぱく質から作られる「皮脂」、みずとなじみやすい「天然保湿因子」、細胞同士をつなぐととも細胞間で水をしっかりとつかまえる「細胞間資質」の3つのバランスで保たれているのです。

余談ですが、このように肌から水分の蒸発を防いでいる皮脂がたんぱく質から作られているため、うるおいのある美肌を維持するためには、良質なたんぱく質を十分に摂ることの大切さが指摘されているのです。


おすすめケア用品を見る!(←クリック!)
posted by 肌の悩み at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お肌の基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。